« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/11

飯盛山に行ってきた。

大阪府大東市の飯盛山に行ってきました。

朝9時頃、JR野崎駅から登山の専門家の方など総勢7名で出発。
駅前のメイン通りにはたくさんのお店があり、住みやすそうな町でした。
「飯盛山ハイキング?腹ごしらえに果物買っていきー」
とおばちゃんが声をかけてくる。
「いっぱい食べてきたんでー」と適当に答える私。
ほんとは何も食べていませんが。

途中で会ったおじさん曰く、
「わしは毎日のぼっとる」
手ぶらで軽装なおじさんに比べ、我々はパっと見、重装備。
私のバッグパックにはパソコンとお風呂セットが入ってますなんて言えない。

野崎観音さんでお参りし、いざ飯盛山へ。

登山口にはたくさんの人がいました。
この時期でも山にはセミがたくさんいて、子供達はセミ取りに夢中です。
セミだけでかなり盛り上がっている子供達が眩し過ぎました。

飯森山へのルートはたくさんあって、比較的楽?だという竹林コースを選択。
途中で名も無いルートがたくさんありました。
これは毎日のぼらないと全て制覇するのは難しそう。

まずは飯盛山頂上へ。
楠木正成公の銅像とご対面。
「この人って何したの?」
と同行していただいた方に聞かれましたがハッキリ答えられず…
「天皇のために戦った戦国時代の人?」
とかあやふや。恥ずかしい。
南北朝時代の人でした。
しかも大阪人。
しっかり勉強せねば…!

2段落ちになっている荘厳な権現の滝を見て、
むろいけ園地で昼食。
トイレ近くはたくさんの先客がいて、座るところがありませんでしたが
少し奥の空き地にちょうどよいコンクリートのテーブルとベンチを発見。
さすが、良く知っている方と一緒なのはいいですね。

どんどん歩いて、湧き水が飲める場所へ。名前はわかりません。
地元のボランティアっぽいおじさん達がたくさんいました。
水の番人みたいに我々を監視しています。
こういう方々がいるから山が守られているわけですね。

喉がかわいていたので沢山飲んでいると
「飲み過ぎるとお腹こわすで」と。
ほんまですか。
でもぜんぜん大丈夫でした。

さらに歩いて御机神社(みつくえじんじゃ)に到着。
御祭神は「素盞嗚尊」
って書いてあるけど誰かな??
すぐにスマホを持っている方が調べて、「スサノオノミコト」と確認。
さすがです。スマホはやっぱり要りますね。

もっともっと歩いて四条畷神社へ。
途中にあった四条畷神社梅園が、木もまばらで寂しい雰囲気でした。
梅の時期にはきっと…素敵なのでしょう。
本日二度目のお賽銭。
スサノオノミコトにお賽銭するのを忘れてました。

四条畷神社の御祭神は楠木正行公です。正成公のお子様です。
境内には「忠孝両全」と書かれた親子の石像が。
なにこれ?と思いましたが
ちゃんと意味がわかりやすく書かれていました。
「天皇さんへの忠義と親への孝行を両方万全にするとか凄いなー」
などと納得。
その後は天皇家ってほんま大変やわねーという会話に花咲く。
まあ君主に忠実にできる人なら、親孝行もできると思います。
こういうのをなんと例えればよいのやら。

その後はJR四条畷駅につき、解散。

私はその後JR忍ケ丘駅から徒歩で畷の里温泉へ。
ここの源泉は30度ほどで冷たく、冬場は厳しいので
暑い時期に入るのがピッタリなのです。
ここもなぜか沢山の子供達で賑わっていました。

ここの施設で、有る意味が分からないが「かまくら」(冷蔵サウナ)
誰も入ってないし場所も冷蔵代も無駄に思える…
いくらサウナ後でも雪は冷た過ぎます。
他の施設はどれも素晴らしいです。

外の檜の源泉で寝てたら、ちびまる子ちゃんがはじまってしまいました。
(外にテレビがあります)

そんな感じで、ゆっくりのんびりして帰宅。

そしてやはり一日おきで筋肉痛がやってきました。
さすがにパソコンを背負っての登山は厳しかったです。

今後も登山に誘って頂けるように、お仕事探しを頑張りたいなと思いました。

忠義を尽くせる君主に出会えますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/06

プロメテウス

映画『プロメテウス』オフィシャルサイト

大阪ステーションシティシネマにて、3D吹替で見てきました。

以下ネタバレあり。

この映画は「エイリアン」1の前のお話です。
なので「エイリアン」を見てる人なら楽しめる作品かも。
分からない人はただ映像が凄い!だけでも面白いと思う。
3Dで見て良かったと思います。

あゆむさんはエイリアンが大好きでクイーンのフィギュアを買い、
エイリアンのデザイナーの画集まで持ってる、そこそこのマニアです。

さっそく続編も製作予定だそうな。
プロメテウスの最後はヒロインが生き残り、
首と胴体がバラけたアンドロイドと共に人類を造った?
異星人の母星に行く??シーンで終わります。

そして次回作のタイトル案「パラダイス」やて。
ほんまかいな。
なんかエイリアンのもの凄いやつばっかりがいる
某ナイトスクープ的な「パラダイス」しか想像できません。
良い意味で裏切ってくれることを祈るばかりです。

要するにエイリアンはアンドロイドが造って、
偶然が重なって誕生した生命体であると。
ある意味人類が造り出したものだと。
そしてこの映画のテーマである「人類の起源」は謎っぽい?
テーマは「エイリアンの起源」でした。

最後は創造主の異星人が地球を滅ぼしにいく?途中の大きな宇宙船に
地球からきた宇宙船が体当たりして破壊してて、
あまりにもノリが良すぎる地球人3名に違和感が。
説明がヘタクソですみません。

いくら真面目な学者さんの言うことでもすぐに信じ過ぎな気もするし
すぐに特攻する覚悟があるのが凄いなと。
普通はあの状況なら逃げそうやのに。
見てる人しか分からないですね。

そして最初に犠牲になった2名。
なんかもう良いところナシで可哀想すぎるし。
未知の星で探索中で別行動とかありえないし
帰り道が分からないで迷ってたとか、もうね(以下略)

そういえば冒頭の異星人が変なドロドロを飲んで自殺?
してたシーンの意味がわかりません。
何度か見てないと分からないかも。
謎は謎のままでどんどん次回作の案が出てきそうだな〜
エイリアンシリーズは好きなので絶対見ますが。
続けるなら続けるで、ある程度のクオリティは保ちつつ、
頑張ってほしいものです。

3D映像で細かいところまで見えにくかったせいか、
?ばかりのあやふやな感想で申し訳ないです。
毎回そうだけど。

とりあえずデヴィッドを早く購入したいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

るろうに剣心

映画『るろうに剣心』公式サイト

9月1日に見に行ってきました!
なんばパークスの映画館で見ようと思ったら売り消れで夜しかチケット買えず、
天王寺に移動してなんとか見る事ができました。
るろうに人気ですね。
映画の日は誰でも1000円です♪

ネタバレあるかも。

ちなみにあゆむさんは漫画全巻とDVD全部持ってるマニアです。

とりあえずこの映画は…
武田観柳役の香川さんが、凄かったと思います。

香川さんの顔を見てるだけで面白かった。
ガトリングガンを乱射するシーンでは、
なぜか勝てそうな気がしてしまいました。

個人的に剣心役の佐藤さんはイメージとは違いましたが、
「剣心ってこんな人だったんだ!」と。
納得させられました。
抜刀術の構えと鞘での攻撃シーンは「おおお!」となった。

薫役は賛否両論ありますが、私は好きです。
最後に意識を取り戻した時に「喋り過ぎやろ!」と突っ込みたくなったのと
猫ちゃんのシーンがわざとらしかったような?気がしたくらいで
武井さん自身はとても薫に合っていたと思います。

そんな薫と対照的な恵ですが、蒼井優さんは女優としては好きだけど
恵には合ってなかったかな〜と思ってしまいました。
もう原作のイメージが強過ぎて…
恵=キツネ、薫=タヌキだし。
(けして武井さんがタヌキっぽいとかではなくて)

一人ずつコメントすると長くなるのでこのへんで。

多分原作を読んでいない人や、アニメを見ていない人も
楽しめる映画だと思います。
NHKの金曜時代劇のような雰囲気でした。

これをきっかけに漫画が読まれて、
シシオさんや赤報隊あたりも知られたらいいなあと原作ファンは思います。
個人的にシシオさんの思想は正しいと思うので。
支持はしませんが。

何が真実で、何が正しいか。
一人一人が考えるきっかけになる、かもしれない。
そんなるろ剣ワールドを多くの人に知ってもらいたいです。

ものすごくしんどいことだけど、
「自分で考える事だけは放棄してはならない」という
原作者の和月先生の考えに共感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »