« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/22

加太(かだ)に行ってきました。

クリックで拡大。
加太海水浴場

海に行きたい!

というわけで、大阪から日帰りで行ける海を検索したら

・須磨海水浴場(兵庫)
・二色の浜海水浴場(大阪)
・磯ノ浦海水浴場(和歌山)

の3カ所がでてきました。
須磨は汚いことで有名(すみません)。
二色の浜は最近警官による犯罪事件があったのでイヤな感じ。
グーグルマップで調べていると、
磯ノ浦のすぐ近くに加太海水浴場という所があるじゃないか?

磯ノ浦はサーファー向けっぽかったので、
比較的波も穏やかそうな加太にしました。

しかし和歌山は遠い…
南海線のサザンで1時間ほど…
和歌山市駅で立ち食いうどんを食べ、
加太線に乗り換えて…何分たったか。
終点の「加太駅」に降り立ったわけです。

緑がいっぱいで、のんびりした田舎です。
ここだけ昭和初期から時間がとまったような漁村です。
駅前には昔懐かしの駄菓子屋さんやお土産物屋さんが。
そしてコンビニが…ない!?
南海の加太線の駅はほぼ全て、駅前にコンビニはないっぽいです。

加太海水浴場では、
シャワーと着替え預かりサービスがセットで500円でした。
須磨や二色の浜では1000円みたいですね。この辺は調べ済み。
いつも行ってる菊が浜はロッカー100円だけでシャワーは無料やけどねー
地域によって色々ですね!

砂浜がめっちゃ暑かった!
砂浜は裸足が気持ちいいやろーという感覚だった私が甘かった。
海の中も石とゴミだらけで、クロックス必須でした。
左側の比較的砂が多いところで頑張りました。

約2時間、浮き輪で揺られて、満足したのでシャワーへ。

海の事務所のお兄さんが「足は大丈夫でしたか〜?」と
爽やかな笑顔で声をかけてくれました。
「イラ」が多いから大変だったでしょう、みたいな。
イラとはアンドンクラゲのことらしい。
水中を見ながら浮かんでましたが肉眼では確認できず。
やっぱり痛かった。
足の指だけ、ちょっとミミズ腫れができました。

このスイカが250円でした。
スイカちゃん

冷たくて甘い。
砂浜でスイカとか贅沢な気がする!
今までの人生でもトップ3に入る、記憶に残るスイカでした。

その後は加太の街を散策。
めっちゃ暑いせいか殆どのお店が閉まっています。
新鮮な魚介類が食べたかったけどやはりお高い。

加太のメインストリートを歩き、役行者堂の展望スポットへ。
役行者堂からの眺望
クリックで拡大。

117段もの階段をのぼって来なければならない、
修験道の修行者が住んでいたお堂がある場所なのに
なぜかとても落ち着きます。
しばらく休ませていただきました。

役行者堂から見えた大阪屋ひいなの湯に行ってきました。
日帰り入浴で900円!ちょっと高いけどまあいいか。
地元でとれた寒天を使った、黒蜜の「ところてん」を
サービスで頂きました。つるっと完食。

浴場は見晴らしが良くて加太の海を一望できます。
ぜったい向こうからも見えるよねこれ…というような絶景。
まあいいか。
お風呂場はせまく、10人いたらちょっと苦しい。
お客さんは少なくてゆったりできました。
シャンプーリンス等は馬油と黒糖があり、
洗面にも化粧水、乳液、クレンジング、コットン、綿棒、
カカトクリーム、化粧下地、ブラシ、
さらにマイナスイオンドライヤーが標準装備。
すごい。
ゆっくりと過ごしました。

近くの淡嶋神社へ。
加太に来たらここには絶対に行くべき!という場所でしょう。
人形供養や針供養で有名ですね。
美しい日本人形が並ぶ様子は壮観で、
なんとなく撮影はできない雰囲気です。
人形だけではなく木彫りの熊や象、信楽焼のタヌキ、
招き猫、あらゆる干支の動物達、石のカエルなどなどが大量に、
整然と置かれています。

この神社に漂う霊気は、画像では伝わらないかと。
ぜひ行って見てください。

神社前にはレトロな海産物屋さんが3軒も。
もうお店を閉めるところだったから入れず。
加太名物「よむぎもち」と書かれていました。
よもぎと書かれているお店もあるし、どちらが正しいのか??
よむぎは可愛いと思います。

徒歩で加太駅へ。
駅に近づくと駅員さんが
「乗りますか〜?後にする〜?」と叫んでて、
発車するのを待ってて頂けました。
次々と走ってくる人を待ってて、駅員さんが
「もうあかんな〜やばいな〜」と言ってるのがこわかった。
ローカル線ならではの面白さです。

やっぱりめっちゃ日焼けしました!
こまめに日焼け止めを塗っていたので大分マシとはいえ。
日焼けとか気にしなくていい黒人になりたい…と思ってしまった。
焼けたら赤くなって痛くなってシミになるだけですからね。

今度は磯ノ浦に行ってみたいです。
クロックスと海水用タイツを買わなければ…!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

お盆。

8月9日
新幹線「さくら」で2時間ちょっとで新山口へ。
バスにて1時間半、萩バスセンターへ。

8月10日
ゴーヤーチャンプルーを作る。
ほぼ2日に一度はゴーヤーチャンプルーを作ってます。
ゴーヤーの苦手な親戚にも好評でした。
薄く切って、最後に入れて1分だけ炒めるのがコツかも。

8月11日
見島牛の切り落とし肉が手に入ったので、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、
ゴーヤー、ナス入りのカレーを作る。
ゴーヤーとナスは揚げました。

8月12日
なにか作る。
親戚宅にいるので毎日、毎食なにか作ってます。
そしてほぼ毎日、家電量販店とスーパーとホームセンターに行ってました。

萩博物館で食べたフグの唐揚げ定食。
フグです。

8月13日
海に行く。
泳げないので浮かんでぼーっとしたり、
ひたすら浅瀬にいる魚を追いかけたり。
あとで調べてみるとヒメジっぽかった。

そして底の方で小さなクラゲを見ました。
多分、アンドンクラゲです。
子供が「クラゲに刺されたー痛いー!」って言ってたけど
調べたらけっこう危ないヤツじゃないか!?

私は浮き輪で浮かんで、海中を覗いていたせいか
刺される事はありませんでした。

畔亭で食べた喜寿し丼。
喜寿し丼

8月14日
またカレーを作る。
今度は見島牛のソーセージで。
肉とタマネギはオリーブで炒めて、
ジャガイモ人参はバターで別で炒めるのが定番になってきた。

お盆なのでシキビを買ってきて

8月15日
車で大阪に帰る。
途中で「道の駅 願成就温泉」へ。
サウナに入るにはバスタオル必須なので注意。
地元の常連さんが多いようです。
美人の湯と言われるだけあってツルツルになります。

お風呂あがりに地元のりんごジュースを飲みました。
まるでハチミツのように甘くて、後味はサッパリ。
これを飲むだけでもここに来る価値があるかも。
ストレート100%ジュースはいいですね。

福山SAで食べた尾道ラーメンとチャーハン。
こってり

大阪は豪雨被害で大変だったみたいですが、
豪雨?なにそれ?みたいな。
すっかり浦島太郎状態です。
テレビはオリンピックばかり見てました。
アーチェリーが面白そう!

そして今日は終戦記念日ですね。
広島を通りがかったときは、色々と思うところがありました。
また平和記念資料館も見たいな。
長崎にも行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/08

新しいパソコンが来た。

サイコムさんで注文したパソコンが届きました。
左の黒い箱です。

机まわり
机まわり。

================================================
Radiant Silent-Master Z77
================================================
CPU : Intel Core i7-3770S [3.10GHz/4Core/HT/HD4000/TDP65W] IvyBridge(標準構成価格75,850円)
CPU-FAN : Scythe KATANA4 [SCKTN-4000](標準)
MOTHER : ASRock Z77 Pro4 [Intel Z77chipset](標準)
MEMORY : 8GB DDR3 SDRAM PC-12800 [4GB*2枚/メジャーチップ・6層基盤](+4,280円)
HDD : 128GB SSD [Crucial m4 CT128M4SSD2 ★Win7 ProかUltimateご購入特価](+130円)
SSD-Cache: なし(標準)
ExDrive : なし(標準)
OptDrive : 【黒】DVD; Pioneer DVR-217JBK/MP+ソフト(+3,960円)
OptDrive2: なし(標準)
VGA : GeForce GT640 1GB [DVI/D-Sub/HDMI](+9,990円)
ExCard : オンボードサウンド(標準)
LAN : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE : 【黒】CoolerMaster Silencio 550(標準)
POWER : SilverStone SST-ST60F-P [600W/80PLUS](+2,120円)
OS : Microsoft(R) Windows7 Professional SP1(64bit)DSP版(+15,870円)
Office : なし(標準)
SOFT : なし(標準)
N-PAD : 騒音・振動吸収シート貼付
延長保証 : なし(標準)

●合計金額 : 112,200円

静音PCということで、電源を入れても動作音は殆ど聞こえません。
部屋のクーラーの方がうるさいせいかも。
耳を近づけて、やっと聞こえるくらいです。

以前のPCは電源がすぐに壊れたので、今回はちょっと良いのにしました。
上の「POWER」項目が電源です。

地デジが見られるように、
別でGV-MVP/XS2Wを日本橋で購入しました。
サイコムさんで注文するより、自分で付けたほうが安かったので。
それをいうと全部自分で買って自作したほうがいいんですけど。
手間がかからないところだけ、できるだけやってみました。

せっかく新しいのを買ったのに、
慣れてるmacでブログ更新してます!

当分はテレビやDVD鑑賞用になるかな?
27インチのディスプレイが欲しくなってきました。

こだわるとキリがありません。。

P.S.
ディスプレイが地デジ放送に対応してなかった!
しばらくは弟のいらないディスプレイを借りて、
秋にナナオのディスプレイを購入予定。
なんてややこしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

大文字山登山ふたたび。

再び京都の大文字山に行ってきました!
今回は大文字の火床まで。

熊出没注意
右下に、以前来たときには見なかった看板が。

熊出没注意って…

道行くハイカーの人いわく、
ずっと向こうの方(北の方?)で見たという通報があったらしい。
そして看板を設置したのだそうな。

熊どころか、猪すら出没する気配はありませんでした!!

今日も登山客は多いし、挨拶から世間話に発展する事も。
おじいさんおばあさんが多かったです。
中には愛宕山1000回登頂を達成されたという高齢女性も。
石碑を建ててもらったらしい。
なんて素晴らしい…!
数えたのも凄いけど、石碑を建ててくれるというのも凄い。

大文字山の火床から大阪方向を眺める
大文字山の火床から大阪方向を眺める。
京都を一望できるのはもちろん、大阪のビル群まで見えました。
左手、ビルの彼方の山?みたいなのは淡路島だそうな。
ほんとかな〜??

アップ画像。
アップ画像
左端の一番高いビルは天王寺かもしれない。おそらく。

春、秋はよく見えるけど夏場でここまで見えるのは珍しいそうな。

頑張って登った甲斐がありました。

西日が眩しくてめちゃくちゃ暑かったです。

帰りは銀閣寺湯へ。
サウナもあって410円!
ゆっくり浸かることができました。

「大文字山の火床までは余裕やわ〜」と思ってたけど
やっぱり山を舐めてはいけませんでした。
足にマメができて痛いです。
銭湯でも痛かったです。

今日のぼってきたところ。
今日のぼってきたところ

おまけで出町柳駅ちかくの鴨川の夕焼け。
鴨川の夕焼け
鴨川の水面が夕日の明かりを反射して真っ赤に染まっていました。
たくさんの人が集まってて、音楽も聞こえてました。
これぞ京都の平和な風景。

川べりに座ってボーッと休んでたら野良猫がきましたよ。
猫画像はないです。
すみません。

やはり年齢のせいか、疲れるのが早くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/01

鶴橋の延羽の湯に行ってきた。

延羽の湯 鶴橋店(のべはのゆ つるはしてん)

ここの温泉・露天風呂には何度も行ってますが、
今回は初めて岩盤浴?コースにも挑戦してきました。

ここの場合「薬石汗蒸房(やくせきはんじゅぼう)」といって、
12種の薬石と6タイプの着衣サウナが楽しめる施設になっています。

開店と同時に入ろうと思ってましたが、
やっぱりというか、
しっかり寝坊して11時に入店。

まずはいつもどおり2階の温泉へ。

しばらく湯につかり、体を温めて
体と頭を洗ってから温泉内のサウナへ。
1時間に一回大きなウチワで扇いでくれるサービスがあるのでそれに参加。
いつもは平気なのに今日はめっちゃ暑かった!
寝起きなせいかも?
熱くて皮膚が痛かったです。

温泉は1時間ほどで出て、いざ薬石汗蒸房へ!!
通常、温泉だけなら800円。
薬石汗蒸房は1000円なので、
合計1800円のお支払いになるわけです。
そんな高額なところ行った事ないよ…
かなりドキドキしながら3階へ。

このとき、バスタオルと大きなペットボトル水を持っていくべきでした。

漫画がいっぱい読めると聞いていたので、
まずは読書スペース「娯呂寝房」へ。
さすがに4000冊は多い。
この時点でお昼の12時頃でしたが、気付くと夕方5時に。

ワンピースを全巻読破したかったのに、
肝心の1巻が見当たらないし。
デトロイトメタルシティを全巻読めなかったが残念でした。

着衣サウナはどこから入っていいか分からず、
とりあえず一番奥の「黄土房」へ。
あとで説明を見ると備長炭のサウナらしい。
誰もいなかったのでゆっくりできました。
まるで炎天下で農作業をしているかのように、汗が吹き出てきます。

受付でもらった説明書を見ると
サウナと「冷爽房」に交互に入るのがよいらしくて、
いざ「冷爽房」へ。
狭くて床も座るところも冷たくて、めっちゃ涼しいお部屋です。
温度は5〜8度だったかな?
このあと何度も行くことに。

次に「薬漢房」へ。
漢字の書かれた袋がつり下がっていて、
漢方の匂いに満ちたお部屋です。
部屋の奥に置かれている、漢方の入った袋を枕にすると気持ちいい。
ここでは若いお兄さんと2人だけになったりして、気まずかったです。
人が少ないのも気を使いますね。

利用者はおじいちゃんおばあちゃんが多いかと思いきや、
コミックス目当ての若い人が多かったです。
夏休みだからかな?

水分補給のため、「茶房 時雨」へ。
なんとなく予想してたけどドリンク代高いわ…
お風呂場みたいにウォータークーラーがないし。
仕方なく、グラソーのビタミンウォーターを購入。
200円。
飲み物は名前を書いたシールを貼って、冷蔵庫に入れておけます。
そしてなぜかカリカリ梅が食べ放題でした。
これもたくさん頂く事に。

ひと休みして「薬鉱房」へ。
薬鉱房の内部でも4種に分かれていて、どこに行けばいいか分からず…
ブラックゲルマニウムゾーン、
トルマリンゾーン、
翡翠ゾーン、
瑪瑙ゾーン、
があったみたいです。

階段上のゾーンは熱くて歩けないし…
基本的に「薬鉱房」では石の上にバスタオルを敷いてくつろぎます。
2階に戻ってバスタオルを持ってくるはめに。
翡翠ゾーン、瑪瑙ゾーンが自分には合ってたみたいです。
このへんは気持ちの問題ですね。

暖まり具合はどこも同じかなー
効能とか書いてましたが、特にどこも悪くないので
いまいち効果は分かりません。

そしてやっとメイン?の「汗蒸房」へ。
どうやらこちらが最初に入るところだったらしい。
内部でも分かれていて、火焰炉のスペースと、
ピンク色の岩塩に囲まれたスペースがありました。

上の岩塩スペースは明るくて、たくさんの人が本を読んでました。
私は汗だくで本は読めないのでパス。
下の暗い岩塩スペースが一番落ち着きました。

汗蒸房でもウチワで扇いでくれるサービスがありました。
ゴゴゴゴと火焰炉が出てくるのが楽しい。
熱さは温泉のサウナに比べればどうってことないです。
着衣サウナは楽だなー

ひととおりの空間でくつろいで、そしてまた温泉へ。

ほんとは閉館の2時までゆっくりしたかったけど、
電車がなくなるので夜9時頃退出。
約10時間居たことになりますが全然足りませんでした。
もっとゆっくりしたかった!
誰かワンピースの1巻戻しといてー

汗をかいて健康促進!というより
ひたすらダラダラ漫画を読む空間かも。
あまりおしゃべりする空間ではないので
一人か、無言でも一緒に楽しめる友人と行くのがオススメです。

今度は大きなペットボトルを持ってきて参戦したいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »